自分では気付かない、それがわきが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ea8ab324a0adc193b8e34a545af3324b_s

自分が女子高に通っていた頃、もの凄いパワフルな匂いを放つ同級生がいました。体育の授業の後の更衣室は地獄で、その部屋全体があのなんとも言えない強烈な匂いが、ただよっていたのを今でも覚えています。

良いお話しでは無いのでもちろん指摘する事も出来ず、ただただ、特に夏の暑い日の体育が憂鬱だったのを覚えています。

それから数年後、そんな記憶も薄れかけた頃、今度は勤めた職場にモンスターはおりました。1つ年下の同僚の男性でした。これまた、今までに感じた事の無い位、強烈なパワーを放っていて、仕事をしなくてはならない環境下で本当に辛かったです。

本人とは一緒に飲みに行ったりして仲良くはしていたのですが、その確信に触れることも出来ずただ我慢する日々でしたが仕事終わりに一緒に出掛ける時は家が近かった為、「汗を流してから集合ね!」とサッパリしてから来る事を理由は言わず進めていました。

本人の表情から自分の匂いに気付いている様子は無かったと思うのですが今思えばナカナカな提案だったと思います。そんな彼に好意を抱かれていたようでしたがどうしてもその匂いを受け入れられず結局お付き合いにはいたりませんでした。

(もちろん理由は伝えておりませんが)社内でもそこにいる全ての人達が、匂いがきついのに耐えていたある日、彼のデスクのすぐ近くに強力タイプの消臭芳香剤が先輩男子によって置かれたのです。内心それはないだろ、と思いましたが周りを見ると皆、目をふせ何も無かった様に仕事を始めた時は少々胸が痛みつつ、これで少しはましになるかなと思ってしまいました。

心配をよそに、当の本人は気にしている様子も無かったのでちょっと安心しました。いずれの二人も、自分の放つ匂いには気付いてる気配は無く、匂いとはとても罪深いと感じました。その経験から自分の匂い、特にわきの匂いには敏感でデオドラント製品をかかす事は有りません。

今は消臭効果が大変良い製品も沢山有るのであの二人も無事に?上手に取り入れていてくれたらと願わずにはいられません。気付いて自分に合った商品に出会ってくれています様に。

わきがの悩み解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。