金の金利について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

借金は、借りたときには臨時収入があったような錯覚を起こし一瞬気持ちよくなりますが、すぐさま金利が発生し、返済するのに苦労するシステムです。
借入をしたことがある人なら必ず金利を上乗せして返済しているはずですので、経験はあるでしょう。
消費者金融は金利が高いので、複数社に借り入れをすると、あっという間に返済不能になります。
そもそも、なぜそんなにまとまったお金が必要なのでしょうか。
例えば、10万円だけだから何とかなるだろうと考えてキャッシングする人がいますが、貯金が10万円ないのに10万円キャッシングして、本当に返せるのでしょうか。
返済能力のない人には金融機関は融資をしないシステムになっていますが、返済不能に陥る人は返済能力が無いというよりは、自己管理能力が無いのです。
仕事をしていれば、毎月1000円でも良いから貯金はできるはずです。
欲を言えば、1万円でも良いから貯金をすれば、少額のカードローンを利用する必要はありません。
貯金もできないくらい日常生活がルーズな人が、コツコツと返済などできるわけがありません。しかも金利をのせなくてはいけませんので、生活を維持しながらの返済になります。
すると、返済できなくなり又借り入れが必要になるのが目に見えています。
過去の水道代や食費にすでに消えた分の借り入れの返済をしながら、現在進行形の生活費を捻出するのは至難の業です。
生活費の借金はするべきではありません。

女性が対応してくれる法律事務所はこちらに書かれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。